剣道のルールを覚えよう!

剣道のルールを覚えよう!

剣道のルールを覚えよう!

この記事では、剣道のルールについて詳しく説明します。

試合形式、試合時間、反則行為、一本の基準等、主な剣道のルールについて不安がある方は、試合前に今一度整理しましょう。


剣道は他の競技と比較しても、ルールが曖昧で、理解しずらい部分が多数あります。

不明瞭な部分はあらかじめ明確にしておき、剣道の持つ競技としての魅力を改めて確認しましょう。



剣道の試合形式


剣道は、選手同士が一対一で対戦し、先に相手に二本の有効打突を奪うことで勝利を収めるスポーツです。

もし試合時間内に一方が一本を獲得し、そのまま時間切れとなった場合は、その選手が勝者となります。


剣道には個人戦と団体戦の二つの主要な競技形式があります。

個人戦では、選手はトーナメント形式またはリーグ形式で対戦し、トーナメントでは引き分けが許されず、勝敗が決まらない場合は時間無制限で一本勝負を行います。

リーグ戦の場合、勝敗が決まらない時は通常、引き分けとされます。


団体戦は、三人制から九人制まで様々な規模で行われ、最も一般的なのは五人制です。

この形式では、選手は先鋒から大将までの順に出場し、大学の試合では七人制がよく用いられます。


団体戦には「対勝負」と「抜き戦」の二つの形式が存在します。

対勝負では、同じポジションの選手同士が対戦し、勝敗が時間内に決まらない場合は引き分けとなり、勝者数または取得本数で勝敗を決定します。


一方、抜き戦では、勝利した選手が次々と相手チームの選手と対戦していき、最終的に大将に勝利したチームが勝ちとなります。

この形式の代表的な大会は高校の玉竜旗大会です。

剣道の競技では、様々な試合形式が採用されており、それぞれの大会ごとに特色があります。



試合時間


剣道の試合には、年齢やレベルに応じて異なる制限時間が設定されていることが一般的です。

具体的には、小学校低学年の試合は2分間、小学校高学年から中学生までは3分間、高校生と大学生の試合は4分間、そして成人を対象とした一般の試合では5分間が基本の試合時間とされています。


この試合時間は、開催される大会の種類によって変動することがあります。

たとえば、全国高等学校総合体育大会(通称:インターハイ)の地方予選などでは、団体戦の基本試合時間は4分に設定されており、その後の延長戦には追加で2分間が与えられ、合計6分間の試合が行われます。


さらに、日本武道館で毎年開催される全日本剣道選手権大会では、基本試合時間は5分で、準々決勝以降は試合時間が10分に延長されるルールがあります。

これらの時間設定は、試合のフェアプレイを促進し、選手の体力や技術レベルに応じた公平な競技を保証するために重要です。



試合中の反則の種類


剣道では、反則行為を2回犯すと、それが相手選手に一本の得点として与えられるルールがあります。

反則とみなされる行為には、試合の進行を意図的に遅らせる行為、試合エリア外への出場、竹刀に手を触れる行為、その他不適切な行為が含まれます。


特に、試合においてよく見られる反則として、試合の時間を無駄にする目的での行為、試合エリアからの出場、そして鍔迫り合いの際の不適切な振る舞いが挙げられます。

これらの反則行為に対する判定は一見すると厳しいものに感じられるかもしれませんが、剣道の競技性を保ち、公平な試合を行うためには必要不可欠なルールです。

これらのルールに関する理解を深めることで、判定に納得しやすくなることもあります。



時間空費による反則


剣道の競技規則には、試合中に意図的に時間を浪費する行為を禁じる反則が設けられています。

これは、選手が既に有効打突を一本獲得している状況や、団体戦において積極的に攻める必要性が低いと判断した時に、意図的に攻撃を行わず時間を過ごすことを指します。


このような行為は、試合の公平性や流れを損ねるため、審判によって時間を空費する反則として認定され、適切な処分が下されます。

剣道では、攻守の精神だけでなく、時間に対する公正な利用も重んじられるため、このようなルールが設けられているのです。

全日本剣道連盟では、試合審判規則及び細則において次のように規定しています。



🔳規則第17条[諸禁止事項]

試合者が、次の各号の行為をすること。

1.定められた以外の用具(不正用具)を使用する。

2.相手に足を掛けまたは払う。

3.相手を不当に場外に出す。

4.試合中に場外に出る。

5.自己の竹刀を落とす。

6.不当な中止要請をする。

7.その他、この規則に反する行為をする。


🔳細則第16条

規則第17条7号の禁止行為は、次の各号などをいう。

1.相手に手をかけまたは抱え込む。

2.相手の竹刀を握るまたは自分の竹刀の刃部を握る。

3.相手の竹刀を抱える。

4.相手の肩に故意に竹刀をかける。

5.倒れたとき、相手の攻撃に対応することなく、 うつ伏せなどになる。

6.故意に時間の空費をする。

7.不当なつば(鍔)競り合いおよび打突をする。


全日本剣道連盟『剣道試合審判規則』


剣道では、反則行為にはさまざまな形があり、これらは公正かつ誠実な試合運びを促進するために定められています。

この競技は限られた時間内での有効打突を目指すものであり、時間を無駄にする行為が許されると、試合の魅力が損なわれ、公平性が脅かされる可能性があります。


剣道はしばしば「剣の修行を通じた人間形成の道」と表現されます。

その精神に沿って、試合中に意図的に時間を浪費し勝利を図る行為は、この哲学に反するものとされています。

どのような状況下でも、対戦相手に対して正々堂々と挑む姿勢が求められます。


このような背景から、時間を空費する行為を反則とする規則が設けられています。

時間を空費する代表的な行為には、技を出さないで鍔迫り合いを続ける、意図的に鍔迫り合いから離れない様子を見せる、三所隠しを行うなどがあります。


特に「三所隠し」は、面、小手、胴の三箇所を避ける効果的な手段ですが、これを長時間行うことは試合の公正性を害するとされ、特に中学校レベルの試合では明確に禁止されており、高校以上のレベルでも長時間の使用は時間空費と見なされることがあります。

時間空費によって試合に影響を与えることは、誠実な試合運びに反する行為とみなされます。

したがって、選手は常に積極的に攻める姿勢を忘れず、剣道の理念に則った正々堂々とした試合を心がけることが重要です。



場外反則


剣道の試合は、一般に9から11メートルの一辺を持つ正方形または長方形の試合場で行われます。

試合中に選手が自ら試合場外へ出るか、または相手の技によって試合場外へ押し出された場合、その行為は反則とされます。


特に、相手による押し出しに関するルールは複雑であり、相手の技後に一度の体当たりで試合場外に出た場合のみ反則となります。

ただし、複数回の押し出しや過度の力を使った押し出しは、試合場外に出ても反則とはならず、そのような行為をした選手が反則を取られることがあります。


この部分の規則はやや理解しにくい側面があり、実際の試合ではなぜある行為が反則になったのか、またはなぜ反則にならなかったのかが不明瞭な場合も見られます。

しかしながら、剣道は誠実さと正々堂々とした競技精神を重んじるため、不必要な過度の押し出しは避けるべきとされています。



鍔迫り合いでの反則


剣道における鍔迫り合いでの反則には、鍔迫り合いを適切に行わない場合の反則と、特に高校生に適用されるルールである鍔迫り合いを10秒以内に解消しないことによる反則があります。

適切に行われない鍔迫り合いとは、例えば竹刀を相手の首元に掛けて相手の攻撃を妨げる行為や、本来鍔同士が触れ合うべき場面で相手の攻撃を避けるために意図的に鍔と小手を使って鍔迫り合いをする行為を指します。


これらの反則は主審の裁量に委ねられており、選手が試合に没頭するあまり、無意識のうちに反則行為をしてしまうことがしばしばあります。

鍔迫り合いは試合の流れを停滞させ、技の出しにくい状況を生み出し、試合を長引かせる原因となるため、これを厳しく取り締まることは試合のテンポと公平性を保つ上で重要です。


高校生に関しては、鍔迫り合いを10秒以内に解消するルールが設けられており、これにより選手が積極的に攻める機会を増やし、正々堂々とした試合を促進することを目的としています。

このルールでは、選手は鍔迫り合いから完全に離れ、竹刀が触れ合わない距離まで退かなければなりません。


また、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて設けられた暫定的な審判規則では、鍔迫り合いを約3秒で解消することが求められています。

これは高校生だけでなく、中学生や大学生にも適用されるため、選手は反則を避けるために注意を払う必要があります。

この規則変更は、試合の安全性とスピードを考慮して導入されたものです。



不当用具使用について


剣道では、競技の公平性と正直さを維持するために、禁止されている行為がいくつか存在します。

これにはドーピング、審判や対戦相手に対する不適切な言動、そして規定された防具以外の装備の使用が含まれます。


これらの規則違反を行った選手は、即座に試合から排除され、その選手の対戦相手に自動的に二本が与えられ、試合は終了となります。

特に、認められていない防具や装備を使用した場合、その事実が明らかになった瞬間に選手は失格とされ、既に獲得していたポイントは無効となり、相手選手に二本の得点が付与されます。


特に注意が必要なのは竹刀の使用に関する規則です。中学生以上の試合では、試合開始前に竹刀の検査が行われ、この検査を通過した竹刀のみが試合で使用されることが許可されます。

全日本剣道連盟が定める剣道試合審判規則には、竹刀の規格について具体的な基準が設けられており、これには竹刀の構造、長さ、重さ、太さ、そして鍔の規格などが含まれます。

これらの基準を満たさない竹刀の使用は、試合の公正性を損ねるため厳しく禁じられています。



竹刀内部への不正


竹刀の製造に関しては、竹を四つに割った構造が基本とされており、その内部に何らかの異物を挿入することは厳しく禁止されています。

武道具店で販売されている竹刀は一般的にこれらの基準を満たしていますが、竹刀の重量が検量時に規定の数グラム不足していると判定されることがあります。


このような場合、一部の選手が重量を調整する目的で硬貨を竹刀に故意に埋め込むなどの不正行為に手を染めることがありますが、この行為が発覚した時点で選手は即座に失格となります。

このような不正行為は絶対に避けなければならず、剣道の精神と公平性を尊重する必要があります。



竹刀規格における不正


全日本剣道連盟によって設定された竹刀の規格を満たさない竹刀の使用は、不正な装備と見なされます。

規定よりも軽い竹刀を使用する、または全体の重量は基準を満たしているものの、竹刀の先を意図的に軽くするために先革を異常に細くするなどの行為は一般的に認められず、このような竹刀は検量で不合格となることがあります。


竹刀の規格には、長さ、重さ、太さが含まれ、これらは使用者の学年や性別によって異なる基準が設けられています。

例えば、重さの計測では鍔は含まれず、太さの基準は先革の先端部の最小直径によって定められています。


竹刀の規格に関する具体的な基準は次のとおりです:

・中学生の場合、男女共通で長さは114cm以内、男性の重さは440g以上、女性は400g以上、太さは男性が25mm以上、女性が24mm以上です。

・高校生の場合、男女共通で長さは117cm以内、男性の重さは480g以上、女性は420g以上、太さは男性が26mm以上、女性が25mm以上です。

・大学生および一般の場合、男女共通で長さは120cm以内、男性の重さは510g以上、女性は440g以上、太さは男性が26mm以上、女性が25mm以上です。


適切な竹刀を選ぶ際には、信頼できる武道具店で購入することが重要です。

このようにすることで、竹刀が不正な装備と見なされるリスクを避けることができます。



鍔への不正


剣道における鍔(つば)にも、具体的なルールが設けられています。

鍔は皮革製または化学製品で作られた円形のものである必要があり、その直径は9cm以内であることが求められます。

さらに、鍔が竹刀にしっかりと固定されている状態であることも重要な条件です。


近年では、練習用としてより大きな鍔が市販されていますが、これらは公式試合において使用する場合には適さない可能性があるため、注意が必要です。

公式戦では、規定に合致した鍔の使用が求められるため、競技前には慎重なチェックが推奨されます。



「一本」の基準について


剣道の試合では、陸上競技やフェンシングのように機械による自動判定システムを使用せず、人間の審判員によって勝敗が判断されます。

このような形式では、一本の判定基準が審判員ごとに異なると、試合の公正性が保たれない恐れがあります。

そのため、剣道には審判員が遵守すべき詳細な試合審判規則および細則があり、これに基づいて一本の有効打突が判断されます。


一本と認定される有効打突の基準には、竹刀の打突部で目標部位を正確な刃筋で打突し、その後に残心(打突後の態勢の保持)を完遂することが含まれます。

これらの要素が適切に実行された場合にのみ、打突は一本として認定されるのです。

全日本剣道連盟で定められている、竹刀の打突部、打突部位については以下の通りです。



[有効打突]

第12条

有効打突は、充実した気勢、適正な姿勢をもって、竹刀の打突部で打突部位を刃筋正しく打突し、残心あるものとする。


[竹刀の打突部]

第13条

竹刀の打突部は、物打を中心とした刃部(弦の反対側)とする。


[打突部位]

第14条

打突部位は、次のとおりとする。(細則第3図参照)

1.面部(正面および左右面)

2.小手部(右小手および左小手)

3.胴部(右胴および左胴)

4.突部(突き垂れ)


全日本剣道連盟『剣道試合審判規則』



気剣体の一致


剣道における有効打突を獲得するためには、「気」「剣」「体」の三要素が調和している必要があります。

「気」とは、行動を起こすための意志や気概を指し、「剣」は竹刀を用いた技術やその動きを意味し、「体」は身体の使い方、すなわち姿勢や四肢の動きを表します。

打突のチャンスを正確に判断し、その瞬間に全力で打ち込む決断、適切な竹刀の扱い、そして適正な体勢が揃ったときに、有効な打突が成立します。



「残心」という考え方


残心は、技を放った後でも、相手の可能な反撃に対して備える姿勢を保つことを指します。

技を完全に実行した後にも、この残心を維持することで、意識を切らさず次の行動へと移る準備が整います。

剣道では、残心を有効打突を成立させるための重要な要素と位置付けています。


剣道の試合審判規則はこの点を簡潔にまとめていますが、実際に有効打突を成功させることは決して容易ではありません。

相手の攻撃の瞬間、居合わせたタイミング、あるいは相手の油断をついての攻撃など、有効打突を得るためにはさまざまな戦術が求められます。

一本を獲得するためには、技術的な正確さ、精神的な集中、戦術的な洞察力など、多くの要素が組み合わさる必要があります。



まとめ:剣道を楽しむために


剣道では、設定された試合時間内に有効打突を獲得することが求められます。

さらに、剣道は単なる競技ではなく、「剣の修練を通じて人間を形成する道」という哲学に基づいています。


この理念を尊重し、試合中の相手に対する敬意を欠かさないために、反則行為のルールが定められています。

相手と正々堂々と向き合い、ルールに従って剣道を行うことで、剣道の真髄を楽しむことができます。


剣道上達革命~勝つための効率的練習法~【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】

剣道上達革命

筑波大学大学院人間総合科学研究科教授、筑波大学剣道部部長でもある香田郡秀先生監修のDVD&オンライン教材になります。この教材は少年剣士、社会人剣道、指導者向けの教材です。

教材を監修したのは、世界剣道選手権大会個人優勝、全日本剣道選手権大会3位、全国教職員剣道大会個人優勝など選手として輝かしい戦績を誇り、 筑波大学剣道部監督としても、多くの教え子を全国優勝に導いた、実績のある教士八段の香田郡秀先生。


教えてくれる内容は…

・つばぜり合いからの攻撃パターン9選!つばぜり合いから一本が決まりやすい方法

・すり上げ技、打ち落とし技、返し技、抜き技といった応じ技を決めるための稽古法

・これだけあれば大丈夫!試合を優位に進められる戦術11選

・左足の使い方、ひかがみの伸ばし方などの実践に活かせる稽古法

・響くような良い音の踏み込み足をする稽古法

…などです。


もしあなたが、

・剣道が上手くなりたい

・子供にもっと剣道を上手くなってほしい

・体にダメージを残さず長く現役で活動したい

・正しい習法を知りたい


と考えているなら、この香田先生の剣道上達革命はあなたにとって、とても重要なものになります。

あなたが、今抱えている悩みが解決できます。


【特典】
90日間~180日間の全額返金保証付き
メールサポートが無料
先着200本限定でキャンペーン価格

剣道上達革命は上記の3つの特徴が人気の秘密です♪

>>公式サイトはこちら






【ブログランキング】

剣道ランキング
剣道ランキング


FC2 ブログランキング
剣道ランキング